« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

フォノイコ改造その3

先日改造した合研LABのGK03E(銅箔版)ですが、追加したコンデンサ(270pF)の容量が少々足らなかったようです。
これは聞いた感じの違和感からなのですが、先日購入したCR型2号機との比較もあります。

Dscf0243

私のGK03E(銅箔版)は特別仕様のため、当時のMC型のケースに入っています。そのため機能として使用していないDIPスイッチが付いています。
これを利用してCR型2号機同様、切替式とする作戦です。
上の写真は改造後なのですが(あまりお見せしたくない実装・・)、左右の配線長がアンバランスにならないように多少気を使いました。
コンデンサは手持ちの関係で(徳島の家にはあまり部品が無い)220pFと110pF(220pFの直列合成)。これをDIPスイッチで入力に入り切りできるようにしました。
前回の270pF固定から最大330pFと、60pF増やしことになりますねえ。これをLCRメータで実測すると、EQ内部配線を含めて約400pF(330pF+内部配線の容量)で、プレーヤー+RCAケーブルの100pFと合わせて約500pFとなります。
これはV15TYPEⅢの負荷容量上限値です。
さて音は・・

続きを読む "フォノイコ改造その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

GK05EcR 2号機

ロット番号800番台のCRタイプを追加導入しました。
いやはやこれで都合5台目の合研LABフォノイコです。coldsweats01
導入経緯は色々あるのですが、当システムではなんとなくCR型がよさそうな雰囲気ということでしょうか。

快気祝いで導入したCR型1号機(ロット番号500番台)を半年以上聞いて出た結論です。

Dscf0227

写真は評価中の2号機ですが、オリジナルと少し違うのですがわかりますでしょうか?
実は今回も特注品でして、入力コンデンサ切替を組み込んでもらいました。(TYPEⅢ対応のため)

ほぼエージング無しですが、最初から素晴らしい音です。
なぜか?と考えると、合研EQ全般に言えることですが、24V動作、OPアンプ不使用、
厳選された音響パーツ、基板実装にこだわらない空中配線などが理由ですかね。
TYPEⅢで聞いてますが、コンデンサを切り替えると予想どおりの変化で、
思わず笑みがでました。happy01
CR型1号機は昇圧トランスとセットでMC型を聞いてます。これがまた凄い音でして・・

続きを読む "GK05EcR 2号機"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »