« フォノイコ改造その2 | トップページ | フォノイコ改造その3 »

2014年4月25日 (金)

GK05EcR 2号機

ロット番号800番台のCRタイプを追加導入しました。
いやはやこれで都合5台目の合研LABフォノイコです。coldsweats01
導入経緯は色々あるのですが、当システムではなんとなくCR型がよさそうな雰囲気ということでしょうか。

快気祝いで導入したCR型1号機(ロット番号500番台)を半年以上聞いて出た結論です。

Dscf0227

写真は評価中の2号機ですが、オリジナルと少し違うのですがわかりますでしょうか?
実は今回も特注品でして、入力コンデンサ切替を組み込んでもらいました。(TYPEⅢ対応のため)

ほぼエージング無しですが、最初から素晴らしい音です。
なぜか?と考えると、合研EQ全般に言えることですが、24V動作、OPアンプ不使用、
厳選された音響パーツ、基板実装にこだわらない空中配線などが理由ですかね。
TYPEⅢで聞いてますが、コンデンサを切り替えると予想どおりの変化で、
思わず笑みがでました。happy01
CR型1号機は昇圧トランスとセットでMC型を聞いてます。これがまた凄い音でして・・


|

« フォノイコ改造その2 | トップページ | フォノイコ改造その3 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

私も、斉藤さんにならって合研イコライザー3種となりました。「CR型1号機は昇圧トランスとセットでMC型を聞いてます」と有りますが、私も是非真似をしたいとおもいます。昇圧トランスは何を使っていられるのですか。是非公開してください。合研LABさんでは昇圧トランスを使用しない音を目指していると云っていましたが、良いのではと予想してました。ただし、あまり高価だと私には手がでませんが。

投稿: fukuhara | 2014年11月 7日 (金) 22時58分

fukuharaさん
コメントありがとうございました。
そうですね、合研LABさんではあまり推奨しない組合せですね。
私は、T-3(フェーズテック)、HMC-103W(ハットオーディオラボ)の中古をオークションで入手し使用してます。
オルトフォン系(MC-09、MC-10Sなど)と組合せが最高で、パンチが効いた押し出しの良い音で気に入ってます。
逆にテクニカのAT-33PTGやデノンのDL-301などの比較的ハイインピーダンスの物は、トランス無しの方が私の環境では良いような感じです。
組合せで色々変わると思いますが、1~3万円程度の中古を入手され試されてはいかがでしょうか?
私は基本MM派なのですが、トランス入手後はMCで聞くことも多くなりました。
これからAT-33PTGとトランスやケーブルの組合せを試そうとしてます。では

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2014年11月 8日 (土) 06時06分

早速の情報公開、感謝感激です。私のMCはDL-102とDL-103だけでGK05ECR+昇圧トランスを使いたいのは103の方です。GK03Dで何時もは使用しているのですが、とても良すぎてというか上等上品すぎて。下品?なというか乱暴な音楽には生きるのではと予想しました。また色々ご指導下さい。有り難う御座いました。

投稿: fukuhara | 2014年11月 9日 (日) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/59529384

この記事へのトラックバック一覧です: GK05EcR 2号機:

« フォノイコ改造その2 | トップページ | フォノイコ改造その3 »