« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月20日 (土)

MS-22B改造

今日はMS-22B(フォノイコ)の改造。
カップリングコンデンサを、先日入手したパナ製メタライズドポリエステルフィルムコンデンサ(ECQUL 1μF)に交換してみました。

Pa180004

バラバラにしないと基板が拝めない構造で、交換は結構難儀でした。

続きを読む "MS-22B改造"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

パナ製ECQULコンをゲット

ヤフオクでGETしたコンデンサが届きました。
これは、メタライズドポリエステルフィルムコンデサで、中華アンプ改造のため入手したものです。本当はマロリー社のコンデンサにしたかったのですが、容量1μFは入手困難。それにサイズがでかいので諦め、たまたま見つけたこれにしたわけです。

Pa160001

本来の用途は電源用のようですが、音が良いということで、駄目もとでの購入です。
ターゲットはMS-22Bという真空管式フォノイコライザーアンプ。
元々音は良いものですが、合研LAB製”GK03E”フォノイコと比較すると、ややナローレンジで解像度も劣ります。
真空管式のぬくもりはアドバンテージですが、なんとかしたくなり、改造することに。
もともとカップリングコンデサだけは交換したいと思ってましたし・・
ちょっと特性を見てみました。

続きを読む "パナ製ECQULコンをゲット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

ケーブルチョイス

中華製アンプですが、訳ありでラックから降ろし、ホームセンターで買った安価な台に乗せました。
このほうが放熱もいいですし、改造等も楽。

Pa140011

このところどうも音が今一なんです。ぬけが悪いというか・・
気分転換にフォノイコライザー(MS-22B)とMC-10T改をつなぐケーブルを替えてみました。
現状はウエスタンエレクトリック(ヤフオクで購入)の単線ですが、サエク6N(写真左)とスペース&タイム6N(写真右)で比較視聴。

Pa140015

・サエク 温かみのある音でよろしい。レンジもそれなりに広い。
・S&T  レンジは広いがやや高音寄り。今回の組み合わせではパス。

サエクとウエスタンで比較視聴を繰り返しましたが、結局もとのウエスタンに・・
ウエスタンは不思議なことに、他のケーブルよりほんの少し音が大きくなる。
銅の純度が高い?のかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »