« AA TEST | トップページ | EL34があ・・ »

2012年6月23日 (土)

グラボ(SAPPHIRE HD6570)増設

久しぶりのPCねたです。
実は先日、ディスクトップ機を購入しました。メーカー製のディスクトップを購入するのは、おそらく20数年ぶりだと思います。自作ディスクトップを処分してからも10年以上立ちますかね。
ここ10年は、場所と予算を取らない低スペックのノート型ばかり使用してきました。
しかし、単身赴任でスペースができたのと、64bit版OSを使ってみたくなり、新規導入した次第です。

P6230001

機種はLenovoのH330で、11856CJという21.5インチLED液晶付きの省スペース型モデルです。
CPUがi3-2120でメモリ4Gというスペックで、当方には有り余る性能です。しかもこれがまとめて4万円とは・・・
スペック上なんの問題もないのですが、自作時代の悪い癖で、速攻でグラボを手配してしまいました。(DVI出力が欲しかったのです。オンボードはアナログとHDMIのみ)
手配したグラボはSAPPHIRE HD6570で、自作時代から好きなATI社(現在はAMDに買収)製モデル。ATIには昔、マッハ32や64でお世話になりましたねえ。

早速、グラボ増設のためケースを開けてみました。
スリムなマザーボードに大型のCPUファンが目立ちます。電源はファン付きの小型で、容量は300W程度のようです。

P6230003

CPUと電源にファンが付いていますが、回っていることを感じさせない静かさです。自作時代のイメージからそれなりに「騒音」を覚悟してましたが、ほぼ無音と言えるほど静かで素晴らしい。
今回チョイスしたグラボも騒音を考慮し、性能だけでなくファン音の静かなものを選びました。
購入したSAPPHIRE HD6570はロープロ対応ですが、金具はオリジナルのため交換作業が必要です。(大した作業ではありません)
下の写真は交換後。

P6230007

マザーに実装した状態が下記の写真です。
P6230013

 

P6230017

ヒートシンクが19mmと薄く、省スペース型のH330に難なく実装できました。
電源を入れ、無事起動できましたので、ドライバーをインストール。(AMDサイトから直接ダウンロードしました)
特に問題なく組込み完了。無事グラボが動きました。
さて、どれくらい処理能力が上がりましたかね。エクスペリエンスインデックスで確認してみます。
実装前は
 グラフィックス 5.1
 ゲーム     5.9
実装後
 グラフィックス 6.7
 ゲーム     6.7
と大幅に向上しました。
グラボの騒音もこれまたほぼ無音で、とても静かです。
ゲームをするわけではないのでグラフィック性能向上で特別良いことがあるわけではありませんが、DVI出力で液晶と直結できるようになったことと、性能向上で気分的な優越感に浸れることがメリットですかねえ。
いままで使用していたVistaやWin7ノートとの挙動の違いは明らかで、アプリの起動、Webアクセスのサクサク感は圧倒的です。
当分このマシンにお世話になります。

P6230022

|

« AA TEST | トップページ | EL34があ・・ »

パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/55034855

この記事へのトラックバック一覧です: グラボ(SAPPHIRE HD6570)増設:

« AA TEST | トップページ | EL34があ・・ »