« ルビジウム LPRO-101その2 | トップページ | 10MHzでDU1ISTが強力に入感 »

2012年1月14日 (土)

ルビジウム LPRO-101その3

朝から各機器の電源を入れ、ルビジウム発振器との比較を行ってみました。
比較対象は・・
1.自作OCXO発振器 ← 今までの基準発振器
2.R&S製SMGシグナルジェネレータ(OCXO内蔵) ← 当方のリファレンスSG
3.HP製周波数カウンタ(OCXO内蔵) ← 当方のリファレンスカウンタ

Cimg4210

4時間以上ヒートラン後、測定した結果が写真です。
HPとルビジウムは約1Hzのズレがありました。
HPカウンタのOCXOを調整したいとこですが、中が開けられず断念。
ローデのSGは約350mHzのズレでしたのでOKとしました。(1GHzで35Hzですから十分な精度です)
自作OCXOは勿論ルビジウムに合わせこみました。(約800mHzずれてました)
ルビジウム本体の精度が気になりますが、確認する術もないし、中古とはいえ1Hz以上もずれてるとは考えにくいため信用することにしました。
最近お安いし、アマチュアの基準発振器には最高のアイテムですね。


|

« ルビジウム LPRO-101その2 | トップページ | 10MHzでDU1ISTが強力に入感 »

測定器」カテゴリの記事

コメント

気になりだすと、ルビをGPS-DOで校正したくなりませんか? 神の領域まで精度を高める必要はないのですが・・こちらでは、ルビの出力を分配して、全ての測定器(無線機も含む? )のリファレンスとするので精一杯かも。(同じLPRO-101がありますが、放置プレイです^^)

投稿: JF3DRI | 2012年1月18日 (水) 23時17分

GPSで校正したいですねえ。
あまり気にしても仕方ないことはわかってますが、気分的によろしくありません。
ただ、私が入手したルビは4~500mHz以内の精度がありそうなことが状況証拠からわかりましたので、これをリファレンスとします。
放置プレイではかわいそうですから、たまに火を入れてあげてくださいね。happy01

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2012年1月18日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/53734687

この記事へのトラックバック一覧です: ルビジウム LPRO-101その3:

« ルビジウム LPRO-101その2 | トップページ | 10MHzでDU1ISTが強力に入感 »