« フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その2 | トップページ | フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その3 »

2011年6月25日 (土)

ルビジウム LPRO-101

「ルビジウム」この言葉には特別な響きがありますね。
何年か前、正確な基準発信器が欲しくて探したところ、たどり着いたのが、ルビジウムとHPのGPS受信機でした。
当時、HPの方が14~15万、ルビジウムも7万程度と、簡単に手出しできる価格ではありませんでした。
仕方なく、OCXOで我慢しておりましたが、まあこれでもアマチュアには十分すぎる精度です。
今回、JI3KDH@杉山さんのご好意で、ルビジウムをお安く入手することができました。(杉山さん、ありがとうございました)
入手したのは、EFRATOM社のLPRO-101という超有名品です。

Dscn9315

適当なケースに電源と一緒にまとめるつもりですが、取り合えず裸の状態で動かしてみることにしました。
写真は実験中のもので、発振周波数、スペクトラム、電流などを測定してみました。

Dscn9314

電源ON直後は、1.5A程度の電流が流れ、周波数が上下にゆっくり動きます。
2~3分後、ロック状態となり、周波数が動かなくなりました。
この時点で、消費電流は約500mAです。
スペアナの波形は純度が高そうなもので、特に問題ありませんでした。
本体を触ってみると、結構熱く、やはり放熱はそれなりに必要なようです。(金属ケースでよさそうです)
なんか、かっこいいケースに入れてあげましょう。

|

« フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その2 | トップページ | フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その3 »

測定器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/52039459

この記事へのトラックバック一覧です: ルビジウム LPRO-101:

« フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その2 | トップページ | フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その3 »