« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その3

合研LABのフォノイコライザーGK03E(D)とSHUREのV15TYPEVxMRの組合せは最高で、連日聞き惚れております。
しかし、ややハイ上がり特性のAT-150E/GやM95シリーズでは、高音域がややきついのも事実です。
こうなると、松下製メタライズドPPS採用の標準モデルも欲しくなります。
というわけで追加注文してしまいました。

Dscn9327

ところで最近色々な物を購入してますが、お金回りが良くなったわけではありません。
オークションに何点か出品し、あるものが売却できたからなんです。(ボーナスでお小遣いも少し入りましたが・・)

続きを読む "フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その3"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

ルビジウム LPRO-101

「ルビジウム」この言葉には特別な響きがありますね。
何年か前、正確な基準発信器が欲しくて探したところ、たどり着いたのが、ルビジウムとHPのGPS受信機でした。
当時、HPの方が14~15万、ルビジウムも7万程度と、簡単に手出しできる価格ではありませんでした。
仕方なく、OCXOで我慢しておりましたが、まあこれでもアマチュアには十分すぎる精度です。
今回、JI3KDH@杉山さんのご好意で、ルビジウムをお安く入手することができました。(杉山さん、ありがとうございました)
入手したのは、EFRATOM社のLPRO-101という超有名品です。

Dscn9315

続きを読む "ルビジウム LPRO-101"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その2

前回はM95EDででしたが、今回はV15TYPEⅤxMRでの演奏です。なんとなくTYPEⅤと相性が良さそうな予感がしてたのですが、大当たりでした。

Dscn9280

TYPEⅤxMRのこんな素晴らしい鳴り方は初めてです。
TYPEⅤは、TYPEⅢやM95HEなどと比べ、派手さの無い上品なイメージですが、悪く言えばややつまらない音と言えなくもありません。これは再生装置全体のクオリティーが低いとなおさらそう感じます。
GK03E(D)との組み合わせは、丁度良い派手さが加わり、解像度、定位も良くなります。
現状、我が家で出る、最高の音かもしれません。
あくまで想像ですが、TYPEⅢやM95HE、AT-150あたりは、メタライズドPPS(松下製)を使用するGK03E標準タイプが合いそう。
ん~ん。困りましたねえ。こんな音が出ちゃうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注

当方のオーディオシステムですが、先だって購入したYAMAHAのYP-D71を含め、
都合3台のレコードプレーヤーを切替て使っております。
もちろん、カートリッジの切替(交換)が目的であるため、
本当は1台のターンテーブルに複数のトーンアームを据付、
切り替えた方がスマートなのですが、そのような物は「高級品」しか選択肢が無く、
当方には無理。
しかたなく3台のプレーヤーを切替、楽しんでいるわけです。
アナログの場合、フォノイコライザーアンプが必要ですが、
YP-D71専用がないと切替が面倒なため、購入することにしました。
当初、YAQINのMS-22Bをもう一台購入することを考えましたが、
同じもの2台というのも芸が無く、
別な安価で10万円級の音がする良い物を探してみました。
見つけたのが、合研LABの「GK03E」とういフォノイコライザーアンプです。
これは合田OM(JA8CTE/1)が手作りで作成、販売しているもので、
価格が大変リズナーブルな物です。

Dscn9263

続きを読む "フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

レコードプレーヤーの修理

オーディオねたが続きますが、レコードプレーヤーの修理なんぞをしてました。
オークションで一目惚したレコードプレーヤー・ヤマハのYP-D71ですが、そこそこ美品でしたが、動作は今一な代物。
(1) 45回転がクオーツLOCKしない。(回転が遅い状態)
(2) トランスの唸り(ジー音)がうるさい。

まあ、1975年ごろの発売ですから、不調なのもしかたないですかね。

Dscn9257

続きを読む "レコードプレーヤーの修理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

中華アンプ その11

中華アンプMC-10Tのカップリングコンデンサを交換してみました。
取り付けたのは、先日USAアリゾナ州より届いたMALLOY社(マロリー)の150シリーズ(メタライズドポリエステルフィルムコンデンサ)です。
もともと付いていたコンデンサも見た目まあまあな品物で、事実、音もなかなかよろしいものでした。しかし、なんとなく安物ぽい感じがしなくもなく、精神衛生上交換することにしたわけです。さて取り付けですが・・

Dscn9058

続きを読む "中華アンプ その11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

from AZ パート2

追加注文していた物が届きました。今回はeBay経由ではなく、直接お店のHPから購入しました。
このお店、アマチュア無線で利用できそうな500V耐圧のマイカコンやカーボン抵抗などのパーツが豊富で、今後ともお世話になりそうです。
宣伝ではありませんが、お店のHPを乗せておきます。
newoldsounds.com
今回はクリックしてから10日でした。(今回もUSPS First-Class)
JJ製真空管、EL34、12AT7、12AX7を各4本購入しましたが、最大のお目当てはこれだったりします。

Dscn9166

続きを読む "from AZ パート2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »