« レコードプレーヤーの修理 | トップページ | フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その2 »

2011年6月19日 (日)

フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注

当方のオーディオシステムですが、先だって購入したYAMAHAのYP-D71を含め、
都合3台のレコードプレーヤーを切替て使っております。
もちろん、カートリッジの切替(交換)が目的であるため、
本当は1台のターンテーブルに複数のトーンアームを据付、
切り替えた方がスマートなのですが、そのような物は「高級品」しか選択肢が無く、
当方には無理。
しかたなく3台のプレーヤーを切替、楽しんでいるわけです。
アナログの場合、フォノイコライザーアンプが必要ですが、
YP-D71専用がないと切替が面倒なため、購入することにしました。
当初、YAQINのMS-22Bをもう一台購入することを考えましたが、
同じもの2台というのも芸が無く、
別な安価で10万円級の音がする良い物を探してみました。
見つけたのが、合研LABの「GK03E」とういフォノイコライザーアンプです。
これは合田OM(JA8CTE/1)が手作りで作成、販売しているもので、
価格が大変リズナーブルな物です。

Dscn9263

これに決めた理由は、評判がよろしいのと、オプションで銅箔スチコンの選択が出来ることです。銅箔スチコンは大昔に見たことありますが、市場から消え昨今は、まったく見かけなくなりました。
音が良いコンデンサとして有名で、かつては大手メーカーが高級機に使用してましたね。
それがこれです。

Dscn9275

私が注文したGK03Eは特注品で、ケースがダイキャストです。標準品はアルミケースとなりますが、電気的な仕様は同一です。

プレーヤーはYP-D71、カートリッジがM95ED、アンプは勿論MC-10T改で、早速、聞いてみました。
第一印象は「素晴らしい」の一言に尽きます。
低音も高音もエンドまで伸び、とにかくワイドレンジです。E-03、MS-22Bでは、ここまでの低音は出ないと思います。
まだ、LP4枚聞いただけですし、組合わせるカートリッジでも印象が変わるでしょう。
V15TYPEⅤxMRあたりで、評価してみたいと思います。

|

« レコードプレーヤーの修理 | トップページ | フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その2 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/51987063

この記事へのトラックバック一覧です: フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注:

« レコードプレーヤーの修理 | トップページ | フォノイコライザーアンプ GK03E(D)特注 その2 »