« 中華アンプ その6 | トップページ | 30mの国内コンディションがFB »

2011年4月 9日 (土)

N-95HE

シュアーのフォノカートリッジ、M95HEの交換針が届きました。
昔、シュアーの交換針はメキシコで生産していた時期があり、品質が悪く、粗悪品を買わされた苦い思い出があります。
M95HEの交換針(N-95HE)はもうシュアーで生産していませんが、代わりに日本のJICOが生産しております。JICOは昔から交換針生産しているメーカーであり、品質も良好とのこと。
そこで購入したのが今回の一品です。

Dscn8909

ルーペで見る限り作り、針の形状などは問題ありません。後は音がオリジナルと比較してどうかだけです。

Dscn8919

早速取り付けて聞いてみました。
針圧1.1gでの結果は良好。オリジナルと同等の素晴らしい音でした。
歪もサ行のきつさも無く、これなら安心して使えます。
このようなメーカーが日本にあるのは、アナログ派にとってはありがたいです。

|

« 中華アンプ その6 | トップページ | 30mの国内コンディションがFB »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/51342729

この記事へのトラックバック一覧です: N-95HE:

« 中華アンプ その6 | トップページ | 30mの国内コンディションがFB »