« ARRL 10m 2010 | トップページ | 中華アンプ その2 »

2010年12月19日 (日)

中華アンプ その1

注文していました真空管式アンプがやっと届きました。念願の真空管式でありまして、型名は「MC-10T」でEL-34Bというパワーチューブを搭載しています。
原産国は中国で、製造元は「YAQIN(雅琴)」という中国の会社です。USAやEUにも輸出しているそうで、評判の高いアンプメーカーです。
今回これを導入したのは、なんと言ってもコストパフォーマンスの良さです。使用している部品やデザインがFBで、つい衝動買いしてしまいました。
悪い癖で、直ぐに中を開けてみました・・

Dscn8592

ガラスエポキシ基板に整然と部品が並べられており、また部品の質も高そうな物が実装されています。
電源トランス、OUTPUTトランスともに重量級で、全体としては19kgほどあるようです。
一通り、はんだや配線などをチェックし、真空管のテストをしてみました。

Dscn8625

EL-34B(6CA7)と12AT7をテスターでチェックしてみましたが、NG球はありませんでした。(あたりまえか・・)
12AT7の1本が、やや?ゾーン気味を指示しましたが、まあ許容範囲だと思います。
さて今日はこれからエージングです。

|

« ARRL 10m 2010 | トップページ | 中華アンプ その2 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/50343396

この記事へのトラックバック一覧です: 中華アンプ その1:

« ARRL 10m 2010 | トップページ | 中華アンプ その2 »