« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

中華アンプ その5

エージングは進み、さらにワイドレンジになってきました。happy01
しかし冬の寒い時期に真空管は良いですね。温もりがあるし、暖房になりますし・・

Dscn8701

ところで、このMC-10Tですが、電源トランスはAC110V±10%となっています。
100Vでの各部動作電圧は、以下のとおりでした。

・ EL-34プレート電圧(無負荷時)    387V
・ ヒーター電圧(各真空管実装時)    6.0V
・ バイアス                 33mA(自分でこの値に調整した)

と、予想どおりやや低めの値となりましたが、思わず細く微笑みました。
それは私好みだったからです。
最近のEL-34アンプはかなり高めが多く、450~470V程度プレート電圧をかけています。
確かに出力は増えるでしょうが、タマの寿命や、ビンテージ管の使用などを考慮すると個人的には?です。
ヒーター電圧は6.3Vが標準。常識的に±5%は許容するとすれば、6.0Vは丁度-5%。
電球と同じで、電圧が上がれば当然寿命が短くないますので、丁度良い値かと・・
勿論、高めのほうが電子が良く飛ぶのでよろしいという考えもある思いますが、私は長寿命の方を選択します。
おそらく手持ちのMC-10Tは、最大出力45W+45W程度と思われます。(スペック上は52W+52W)
入力電圧110Vとすれば、プレートが425V、ヒーターが6.6V程度に上がり、かなりパワフル?になると思われます。ですが、現状で十分良い音ですから、これで良いのではないでしょうかね。

今年の書き込みはこれで終わりと思います。来年も頑張って書き込みますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

中華アンプ その4

例のギャングエラー問題を解決することにしました。
現状、中華アンプの適音ボリューム位置は7時半程度・・
これは、完全に絞り切ったところから数ミリ動かした程度のところ。こんな絞り切った位置では、どんな高品位なボリュームでもギャングエラーが発生して当然。
左右の音量差を我慢できればこのままが一番音質的にはよろしいわけですが、とても我慢できるレベルではありません。ギャングエラーが解消するまでボリュームを上げると大音量となり、夜間はとても聞けない音量です。

解決方法を考えてみると・・
① ギャングエラーの発生しない最高級ボリュームに交換。(存在するか不明ですが・・)
② 純度の高い固定抵抗でアッテネーターを作成し、多接点のロータリーSWで切り替え、ボリュームの変わりとする。
③ 別途プリアンプ、ボリュームBOXなどを外付けし、中華アンプのボリュームはMAXで使用する。
等が考えられます。
しかし、いずれにしても大金が必要な話であり、貧乏人には実現不可。
そこで考えたのが「アッテネーター内蔵ケーブル」です。
サウンドハウスに手配していた物が届きました。

Dscn8677

続きを読む "中華アンプ その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

中華アンプ その3

真空管アンプはまるで生き物のように変化しますね。
聞けば聞くほど良くなる感じ。当初よりかなりワイドレンジになってきました。
こうなるともうサンスイには戻れないです。
もちろん同じ音を長く聞けば飽きがきます。中華アンプに聞き飽きるとまたサンスイが良くなるかもしれませんが・・

設置場所ですが、ラックの中段。
写真のとおりベストな収まりです。(隣はフォノイコライザーアンプE-03)

Dscn8666

鳴らしこみのラインナップは以下のとおりです。

SA-14 → サエク(6Nケーブル) → MC-10T → ベルデン727MK2(バイワイヤ接続) → CD9NT

続きを読む "中華アンプ その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

6m AM コンテストが・・

昨日開催されました。例のごとく用事でフル参加できませんでしたが、久しぶりにAMでにぎわう50MHzを堪能できました。
すぐひっぱり出せるRIGが写真のTS-600でしたのでセッティングし、9:30ごろからワッチを開始しました。

Dscn8647

すでに数局出ておりQSO。
10時の開催にと同時に各局のCQが始まりました。
1時間ちょっとで、10数局の方とAMでのQSOすることができました。
途中、コンテストであることを忘れ、AMの昔話に花が咲く場面も・・・
楽しいコンテストでした。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

中華アンプ その2

先日購入した真空管アンプ(MC-10T)ですが、少しずつですが音出しをしています。
まだまだエージング途中みたいなものですが、恐るべきパフォーマンスを発揮しています。

Dscn8633_2

手持ちのメインアンプ(サンスイ AU-α607MOSLimited)との比較で、音場の再現性やボーカルの生々しさなどが優れ、聞いていてゾクゾクしてきます。
現状では、サンスイの方が解像度やレンジ感、とくに超低域は上です。やはりこのあたりは出力トランスを実装しない半導体式の方が有利なようです。
しかしそれでも、この生々しさはすばらしく、価格以上のクオリティーです。

続きを読む "中華アンプ その2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

中華アンプ その1

注文していました真空管式アンプがやっと届きました。念願の真空管式でありまして、型名は「MC-10T」でEL-34Bというパワーチューブを搭載しています。
原産国は中国で、製造元は「YAQIN(雅琴)」という中国の会社です。USAやEUにも輸出しているそうで、評判の高いアンプメーカーです。
今回これを導入したのは、なんと言ってもコストパフォーマンスの良さです。使用している部品やデザインがFBで、つい衝動買いしてしまいました。
悪い癖で、直ぐに中を開けてみました・・

Dscn8592

続きを読む "中華アンプ その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

ARRL 10m 2010

今日も昨日も用事がありフルに聞いておりませんが、どうもトホホなコンディションのようですね。
黒点が25ありますので、ひょっとしたらと期待しましたが、W、EUはおろか、Uゾーンの入感すらありません。(当方の場合)
結局VK、ZL、DU等数局でおしまいです。

Dscn8590

残念ですgawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

申請したWACがあぁぁ~ その2

WACが本日届きました。あちら様も非を感じ、速攻で投函してくれたようです。

Dscn8556

問題は”特記”です。
時期が微妙なため、ひょっとしたら”無印”や”デジタル”かも・・

続きを読む "申請したWACがあぁぁ~ その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

申請したWACがあぁぁ~

”受付してません”ってそんなばかな・・・bearing
9月に申請したRTTY特記のWACですが、ちょっと到着に時間がかかりすぎているような気がしたので、本日JARLにTELしてみました。
ところが冒頭にありますとおり、申請の受付が無いとのこと。
当方には、受付完了のメールが来ており、受付番号○○××と記載されています。もちろん申請費用の600円も送金済みです。
調べて電話しますとのことなので、一旦電話を切りました。
数時間後TELがあり、見つかったとのこと。coldsweats01
アワードもIARUから届いていて、手違いで発送されていなかったとのことでした。
本日発送してもらえることになり、とりあえず一安心。
しかしどのような管理をしているでしょうか。他の局長さんの分も心配ですね。

Wac

ところで、今日JARLに電話した理由はもう一つあるんです。
本日のJARLメルマガにありましたWACの申請方法の変更の件です。
これを見て愕然としたのは、特記からRTTYが無くなってることです。
時期が微妙なだけに、当方申請分がRTTY特記と認められるのか心配です。
単なるWACなら大変ショックです。
数日後、届くと思われますので、そこで白黒つきますが・・
それにしても、特記の”Basic”や”Image”とは何の特記なのでしょうかねえ。RTTYは何処にいったの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

LS-K703 その2

スピーカーケーブルの末端処理を行い、バナナプラグを接続。
写真のようにスピーカに接続してみました。

Dscn8551

カナレの4S8ですが、4本の銅線を白系と赤系ごとによじり、処理するのが基本のようです。
さて、いよいよ音だしです。

続きを読む "LS-K703 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

スピーカーケーブル

オーディオねたが続きますが、先日購入したLS-K703用にスピーカーケーブルを購入しました。
ACコード程度のもので接続されている方も少なくないと思いますが、結構、音への影響がありまして・・
メインSPのB&W用には1800円/1mなどという高級品?(ベルデン727MK2)を使用してますが、今回はさすがにそこまでのケーブルは用意できません。
価格が安く、良いものを探したところ、カナレという日本のメーカーが評判がよろしい。

Dscn8543

もともとプロ世界では超有名な会社なようで、レコーディングスタジオやプロの音楽家が使用している代物。
とにかく聞きもしないで即購入してみました。


続きを読む "スピーカーケーブル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »