« CQ WW CW 2010 その2 | トップページ | スピーカーケーブル »

2010年11月30日 (火)

バナナプラグ

オーディオでお世話になっているコネクタの1種でして、主にスピーカーの接続端子に使われてます。
オークションを何気なく眺めていたところ目にとまった一品が、向って左側の代物です。

Dscn8533

一般的なプラグは右側のような形状をしており、電気的に点接触ですが、左側は”円筒波型構造”というもので面接触であるとのこと。
メインスピーカーのプラグ交換のため購入してみました。

実際、取り付けてみたのが次の写真です。

Dscn8537

メインスピーカーのメス端子に挿し込んでみたところ、手ごたえのある挿し感触があり、とても安定しています。
一般的なバナナプラグは、差し込んだ状態で触れるとぐらぐらしますが、これはそれがありません。
精神衛生上、大変よろしいかと・・・
音的にはナチュラルで、特別な色付けはないようです。

|

« CQ WW CW 2010 その2 | トップページ | スピーカーケーブル »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/50175451

この記事へのトラックバック一覧です: バナナプラグ:

« CQ WW CW 2010 その2 | トップページ | スピーカーケーブル »