« from ARRL | トップページ | RTTYシステムについて・・ »

2010年10月17日 (日)

今日は定期校正

手持ち測定器の定期校正を行いました。
毎年、涼しくなってきたこの時期に行っているんです。
朝から主要機材に電源を投入して、十分ヒートラン後チェックを行います。
リファレンスとなるのが自作の10MHzの周波数標準器(5×10-9乗)と、HP5384A周波数カウンタ(OCXO内蔵)。
これとの比較で、各測定器の精度を確認していきます。

Dscn8346

リファレンスの周波数標準器とHP5384Aですが、両者は30~50mHz程度の誤差で一致しておりますので、十分な精度と思われます。

よく使用するA&Dの周波数カウンタですが、10MHzに対して10Hzの誤差がありました。しかし、実用上は十分な精度であるため、このままなにもしません。

Dscn8344_2
 

 

スペアナ君は先だっての修理(調整)後、好調でして、オートキャリブレーションを実施しパスすることを確認。その後10MHz波形を観測し、周波数表示を確認して終了。
無線機テスターも、スペアナ君と同じようなことをして終了。だたテスター君は、内蔵のリファレンス10MHzOSCが約1.3Hzずれてました。調整したいところですが、OCXOが調整不可タイプであるため諦めました。
まあ実用上は問題無い(1Gで130Hz)でしょう。



|

« from ARRL | トップページ | RTTYシステムについて・・ »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/49767737

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は定期校正:

« from ARRL | トップページ | RTTYシステムについて・・ »