« ハムフェア2009その3 | トップページ | PLL ユニット »

2009年8月26日 (水)

ハムフェア2009その4

このMRF429MPユニットですが、なんのために買ったかというと、TS-950SDのファイナル予備用なんです。
以前ファイナルをオシャカにした時、入手が大変困難であったので。
あの時は丸尾OMのお陰で助かりましたが・・
ただこうやって眺めて見ると、部品取りには勿体無い気もします。
頑張れば200Wアンプに転用できそう。
Dscn7264

|

« ハムフェア2009その3 | トップページ | PLL ユニット »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

200Wどころか2ユニット電力合成で飽和出力1kWが狙える品物です。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~jh2clv/mrf429sspa.htm

ハムフェアは、1度だけ行ったことがありますが、こちらからは遠い存在、うらやましい限りです。

投稿: JF3DRI | 2009年8月26日 (水) 23時02分

ほぼ同じユニットのようですね。happy01
ハムフェアはたしかに恵まれてます。
毎年2日間行けるのも近いからでして、新幹線や飛行機となれば、おいそれと行けません。
関ハムは行った事ないので、機会があればぜひ行きたいです。

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2009年8月27日 (木) 21時07分

ハムフェアではありがとうございました。
この基板は、私の会社で使っているのとまったく同じでした。高周波メーカーの標準基盤なのでしょうか。問題点はトランジスタが飛ぶことと、3個並列になってるカップリングコンデンサが発熱で壊れることです。
電源は24Vのスイッチング電源を2台直列にすると良いですね。電源があれば、アルミ板にでも仮止めして10W機で軽くドライブすれば動作確認が簡単にできます。
いろいろと試してみてください。

投稿: JA2XCR | 2009年8月29日 (土) 06時36分

丸尾さん
ハムフェアお疲れ様でした。
手持ちのユニットの残骸と見比べましたが、同じものですね。
少し遊んでみたい気もしないではありませんが、電源の入手が難しそうなので、このまま950の保守部品でしょうか。

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2009年8月29日 (土) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/46037723

この記事へのトラックバック一覧です: ハムフェア2009その4:

« ハムフェア2009その3 | トップページ | PLL ユニット »