« ジャンク品 | トップページ | 久しぶりに »

2009年2月 1日 (日)

XF31C

珍局ではありません。FT-401のCWフィルターです。
以前オークションで購入し、特性を見てそのまになってましたが、ふと取り付けることを思いつきまして・・
最近のRIGのようにコネクタで差し込んで終わりではなく、同軸ケーブルでハンダ付けが必要なんですよ。(子基盤がダイオードSWなんです)
Xf31c











CWフィルターの取り付けは特に問題なく終了。夕方コンディションが良かったので、国内数局とCWでQSOしました。
Xf3c











ただ、以前から気になっていたのですが、所有するFT-401Dは受信感度、送信レベルが急に変化する場合がありまして、ことのついでに調査してみました。
最初に原始的な方法からスタート。各真空管の頭を軽く動かしてみました。
すると中間IFのV204(6BA6)を触ると、ガリガリと受信感度が大きく変わることを発見。
外してみるとソケットが腐食しており、磨いて差し直したら、動かしても変化しなくなりました。
多分これで直った?でしょう。

|

« ジャンク品 | トップページ | 久しぶりに »

レストア」カテゴリの記事

コメント

昔所有していたFT400Sは、このフィルターの通り抜けに悩まされました。強い局が出ると、かなり離れてもシーをビートが聞こえました。
この構造と実装は、問題がありますね。

投稿: JA2XCR | 2009年2月 5日 (木) 22時17分

投稿: JA2XCR | 2009年2月 5日 (木) 22時17分

なるほど。気がつきませんでした。
たしかに通り抜けがおこりそうな構造ですね。
それで後期型は子基板が改良(裏面ベタアース)になったのですかねえ〜
このFT-401Dは初期型のようです。

投稿: JK1NMJ@斉藤 | 2009年2月 5日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/43924177

この記事へのトラックバック一覧です: XF31C:

« ジャンク品 | トップページ | 久しぶりに »