« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

FL/FR-101ラインその2

壊れているロータリーSWですが、2回路6接点3段という、最近では手に入らないしろものでした・・
このSWは、VFOの内部/外部/CH1~4を切替える”SELECT”に使用されているのですが、固定チャンネルを使用することは無いので、VFOの内部(INT)と外部(EXT)だけの切り替えだけに割り切り、2回路5接点2段で代用しました。
Fr101d











あとメーターのランプ切れを発見したので、代替品に交換。
Fr101e











大晦日なのにレストアなどをしてました・・・
皆様良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

FL/FR-101ライン

TRIOの599ラインと双璧をなすYAESUの101ライン。
実は海老名市にお住まいのOM様よりお譲りいただきまして、憧れのセパレートの所有することに・・・
大切にお使いになられたいたようで、目立つ傷や凹みのない良品でした。
ただ、長い間使用されていなかったため、特に内部に埃がたまっております。
また、送信NG、受信もAMのみかろうじて受信できる状況でして、本格的なレストアが必要です。
とりあえず手馴れたFR-101から、このようにバラバラに・・・
Fr101a











先に入手したFR-101Sは中期型でしたが、今回のは前期型の後期型?のようです。
真の前期型はプッシュSWが四角ですが、このFR-101は中期以降と同じ丸型です。
ですが、ダイヤル横にLOCKボタンが無く、VHFもL/Hの切替がありませんので、やはり前期型なんです。
Fr101b











内部に積もった埃を丁重に清掃したところ、かなり綺麗になりました。
例のフイルムコンデンサーですが、ほとんど老化が見られないため、今回は交換無しで行こうと思います。

VFO切替SWの感触がおかしいのでよく見ると、このような状況でして・・
交換が必要ですねえ。
Fr101c

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

ロシアのコンテスト局

JARLからQSLカードが届きました。
ふと目にとまったカードがこれです
V/Uの世界でも8パラってあまり聞きませんが、21MHzの4ele 8パラとは・・・
なんぼなんでも凄過ぎではないでしょうか。
2005のWWでのQSOですが、このアンテナなら、私の微弱信号がGETできる理由も納得です。
この局は、他バンドも同様にすごく、160mバンドは、JA向け2ele、USA向け3eleワイヤービームとあります。
M-ホイップの私としては、ただ唖然です。wobbly
Ru1a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

最近ちまちまと・その4

なんとかまとめ上げることができました。
バラバラにしたあげく、コンデンサーの交換なども行ったため、組立て後が心配でしたが、動作OKでした。
下の写真はパネル組込み作業中です。Fr101f












洗浄して磨きこんだため、仕上がりはかなり綺麗になりました。
ただし、小さな欠けがあるツマミが3個あるのと、ケースや前面パネル枠にタッチアップが多数あるのが悔やまれますねえ。

Fr101g











一応、SGやカウンタで基本的な調整を行いましたが、160mと80mバンドは、調整コイルのコアが欠けてしまっており、調整不可っでした。(前オーナーのミス?)そのためか、160mバンドは感度がかなり悪いです。(もともとこんなものかもしれませんが・・・)
コンデンサー交換の影響かわかりませんが、全般的には当初よりかなり高感度になりました。
レストア前は、Sメータの振れも悪く、あまり感度がよくなかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

最近ちまちまと・その3

専用受信機なので、電解コンも交換です。
少し音が良くなるかなという期待もありまして・・・
Fr101d











パネルのSメータやダイヤル文字盤もきれいになりました。
Fr101e











続きの作業は、冬休み?ですかね。完成が楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

最近ちまちまと・その2

ここまでやるのは久しぶりです。
とにかく、ユニット類やパネル等は全て外しました。
Fr101c




















後は、雑巾やパソコンクリーナ等で綺麗に掃除します。
水でジャブジャブはやりません。
コネクタ等は、洗浄剤やアルコールで綺麗に・・
下の写真は洗浄後のパネルとビニールです。
ビニールは捨てようと思ってましたが、洗剤で洗ったら綺麗になりましたので、再び取り付けることににました。
Fr101d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

最近ちまちまと・・

こんなことしてます。
割れて粉吹いているマイラコンの交換です。
BCL少年時代のあこがれの受信機、FR-101を入手したのですが、内外ともいまいちの状態でして、全面フルレストアに突入です。
手始めに不良部品の交換というわけです。
Ft101a











不思議なことに、容量計で測定してみると、全てマトモな値です。
ですが、この状態をみたら交換しないわけにはいきませんよね。
このマイラコン、yaesuブランドなんですが、どこのOEM品?
Ft101b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

3.5MHzが・・

季節柄、3.5MHzに出ることが多いのですが、最近コンディションがいまいちですね。
夕方、国内があまり良く聞こえません。
6エリアあたりが少し聞こえるだけで、他はスキップしているようで、聞こえても弱いです。
アンテナがアンテナだけにチトキツいです。
Ts830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

秘密兵器

RTTYの秘密兵器を入手しました。
念願のST-6タイプでして、どのような復調性能を示してくれるのか、大変興味があります。
MMTTYなどのPCソフトは、PCに搭載されているサウンドディバイスの性能に左右されるようでして、ときに不可解な復調結果を出力する場合がありまして・・・
本格的にRTTYされる方は、並列でデモジュレータを接続しているようですので、真似してみたかったのもありますが、この大型コイルで復調してみたかったと言うのが本音ですね。
使い方も良く分からない状況ですので、ちまちまやって行こうと思ってます。
St6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

T31DX

午前中、18MHzのRTTYで強力に入感しておりました。
1時間程でしょうか、一生懸命呼びましたが応答なく、QSYしてしまいました・・・
それにしても、こんなに多くの方がRTTYをやられているとは思いませんでしたね。
出るところがないくらいのピロピロ音が、10kz幅にひしめいていました。
信号が強力だっただけに、残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

金星+木星

久しぶりに望遠鏡を引っ張り出しました。
夕方、金星と木星が仲良く輝いていたのに気がついてはいたのですが、時間と天気にめぐまれまれませんで・・・
今日は天気も良く時間もとれましたので、見てみることにしました。
風がやや強く、嫌な予感はしていたのですが、やはりシーイング(上層の気流の状態)が良くなく、星像がゆらゆらしていて、木星の縞模様もいまいち良く見えませんでした。(それでも衛星は4つ見えました)
天気は良いのですが、星像がNGで即撤収というのは、冬場には良くあることです。

(写真中央に金星が写ってます↓)
Kinnsei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

調子の悪いPC

WWは不完全燃焼でした。いろいろな事情でほとんど出れませんでした。sad
ところで先日買ったHP2133Vistaマシンですが、すこぶる好調でして、XPで使用していたHAM用ソフトなど、ほぼ全て移行できました。
もともと買った理由が、現行PCの不調にあったわけでして、移行が完了しましたので、不調PCを修理してみました。
HDDがフィジカルなエラーを時折吐き出しておりますので、HDDを新品に交換することに・・・
Linuxマシンにしたかったので容量は小ぶり良く、20GBの安いものをネットでゲットしました。
おかげさまでハードは絶好調となりましたので、Linuxのubuntuなるディストリビューションを入れてみました。
もともとfedoraを入れる予定でしたが、ちまたで人気だそうなのでubuntuに・・・
いろいろありましたが、無線LANも使えるようになりまして、このカキコもubuntuマシンで行ってます。これで我が家のPCはVistaマシン1台と、ubuntu8.10、fedora5、名称忘れたUbuntu計3台のLinuxマシンとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »