« 10MHzあんてなが不調その2 | トップページ | 10MHzあんてなが不調その3 »

2008年9月28日 (日)

WW RTTY TESTその2

いや~RTTYを堪能した2日間でした。
やはりWWは参加局数が多くて、楽しめますね。
何時も思うことなのですが、相手局のプリント能力の高さには脱帽です。
こちらはモービルホイップ+200Wで、相手局はおそらくビームアンテナにkWだと思うのですが、この場合、相手がこちらをコピーできない(無視される)状況が多発してもおかしくないですよね。
でも、以外に結構拾ってもらえるんですよ。
CALLしてから、数十秒、間が空いて応答がある場合が結構あったりなんかしますが、PC+ソフトと、昔ながらのデモジュレーター(ST-6タイプなど)を併用してるのかな?などと想像してます。
朝の14MHzですが、W方面がそこそこ開け、ZONE1、3、4が出来ましたが、カリブ方面はまったく駄目でした。
また、ZONE6のXEが聞えましたが、QSOはむりでしたね。despair
午後はZONE14、15、16などのEU勢とQSOでき、F8とかOH6などが微弱な当局の信号を拾ってくれました。
夕方は7MHzが良く、14MHzではなぜかあまり聞えなかった南米勢のZONE10のHC8やZONE13数局とQSOできました。
結局6大陸とQSOでき、RTTYのNEWが大幅に増えました。happy01
次の楽しみはWWのCWですね。SSBはとびませんので・・・

|

« 10MHzあんてなが不調その2 | トップページ | 10MHzあんてなが不調その3 »

RTTY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/42624796

この記事へのトラックバック一覧です: WW RTTY TESTその2:

« 10MHzあんてなが不調その2 | トップページ | 10MHzあんてなが不調その3 »