« SCC RTTY TEST | トップページ | 18MHzアンテナの作成その後 »

2008年9月 6日 (土)

18MHzアンテナの作成

今日は18MHzのアンテナを作成してみました。
以前から出てみたいBANDであったのですが、手ごろなモービル用アンテナが無かったため、既製品を改造することにしました。
ベースはコメットのHR-21で、オリジナルのコイル部を分解し、新しくコイルを巻き直す方法なのですが、思いのほか上手くいきましたね。happy01
どうせ巻き直すのですから、RTTYの200Wに耐えられるよう、断面積2倍の太い線材を使用しました。
Ant18a











21MHzの巻き数を参考に勘で18MHz用に巻きましたが、ほぼビンゴでした。
後は、バンド内SWRが最小になるように、コイルの長さを調整し、ヒシチューブで保護して完成です。
早速、沖縄局とQSOでき、幸先の良い18MHzデビューです。みなさまよろしくです。
Ant18b

|

« SCC RTTY TEST | トップページ | 18MHzアンテナの作成その後 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

 これは素晴らしいですね。帯域も結構広く取れたのではないでしょうか。

 HRシリーズ、長いので好きなんです。
 一応全部持っているのですが、10と18も欲しいなぁと思っているところです。
 14をほぐして18とか、7をほぐして10とか改造しちゃえばいいんですね。
 

投稿: JO1KVS | 2008年9月 9日 (火) 22時37分

そうなんですよ。やってみたら意外と簡単でした。
もう一本買って、24MHz用も作りたいですね。
帯域は大変広く18MHzの場合、1.2以下でした。
特に耐入力を追及しなければ、7MHzを10MHzにすることは、楽勝だと思います。
太い線を使うと、18MHzや14MHzが限界でしょうかね。
では

投稿: jk1nmj@斉藤 | 2008年9月 9日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/42394496

この記事へのトラックバック一覧です: 18MHzアンテナの作成:

« SCC RTTY TEST | トップページ | 18MHzアンテナの作成その後 »