« FT-102修理 | トップページ | ANARTS TEST »

2008年6月 8日 (日)

50MHz AMその2

今日は開けましたね。
私が聞いたのは午前中(お昼ごろ)ですが、1エリからは4,6エリア方面が良かったです。
早速TR-5200を引張り出しAMでQRVすると、4エリアの方がFBな変調で入感。
CALLすると応答があり、QSOすることができました。
お話をうかがうと、相手の方もTR-5200で波を出しているとのことで、いや~感激しましたね。
お互いTR-5200で終段コレクタ変調とは、ビックリです。
先週はローカルですが、お互いIC-71でQSOし、今週はTR-5200どうしでQSOできるとは・・
もう40年近く前の器械ですが、まだまだ現役です。来週はRJX-601を出しましょうかね。

Tr5200_2

|

« FT-102修理 | トップページ | ANARTS TEST »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、はじめまして。

950の修理の頃から拝見しております。

TR5200でのQSOですか、私の開局当時6m AM好きなローカルの
影響で良くAMでローカルラグチューしておりました。

低電力変調よりやっぱり終段コレクタ変調が深く綺麗に掛かり
ましたね、AMラグチュー用にRJX-601を安く譲って貰ったりと
懐かしく思います。

TR-5200とかIC-71とか懐かしいリグ欲しいですが、さすがに
古いのでメンテナンスとか出来るか不安もありなかなか手が
でません。

投稿: JL1LYT | 2008年6月 8日 (日) 21時22分

書込みありがとうございます。
たまたまかもしれませんが、以外にも故障しません。
特にこのTR-5200は開局当初より所有してますが、30年以上の故障知らずです。
仮に壊れたとしても、最近のRIGのように、内部がギュウギュウではありませんし、マイコンなどのロジック回路もありませんので、なんとかなりますよ。
程度の良いものがありましたら、是非オーナーになられて下さい。
話は変わりますが、JL1LYT様のブログにありますKITの製作ですが、非常に興味があります。
7MHzのQRPがDDS-VFOで可変できる本格的なものですね。
完成したら、ぜひレポートいただきたいと思います。

投稿: jk1nmj@斉藤 | 2008年6月 8日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/41472382

この記事へのトラックバック一覧です: 50MHz AMその2:

« FT-102修理 | トップページ | ANARTS TEST »