« TS-950があああ~その10 | トップページ | Eスポ »

2008年5月18日 (日)

方向性結合器+ダミー

いただき物の無誘導50Ω抵抗を使って、方向性結合器+ダミーを作成してみました。
スペアナで送信機のスプリアス等を測定する場合、スペアナの耐入力の関係で方向性結合器を接続し、その先にダミーロードを接続し波形を観測します。
これは、送信機の電力をダミーで消費し、スペアナには、最小限の信号を分配するための仕組みですが、まともな物は結構高価だったりします。
今回、無誘導50Ω抵抗が手に入りましたので、方結とダミーを合体させた物を作成してみました。
ピックアップコイルは、適当な大きさなのフェライトコアに8回ほど巻いたものですが、なかなか良いあんばいでした。
これで今後、測定が楽になりますです。Hi
Dumy

|

« TS-950があああ~その10 | トップページ | Eスポ »

自作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/41246144

この記事へのトラックバック一覧です: 方向性結合器+ダミー:

« TS-950があああ~その10 | トップページ | Eスポ »