« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

3SK40その4

3SK40周辺の定数を変えて、なんとか変換ゲインの向上をはかろうと悪あがきしましたが、結局駄目でしたね。wobbly
しかたないので、ギロチン周辺の調整を行いました。
ただしミュー同調の調整はパスし、その他のトリマやコイルを調整しました。
これは、ミュー同調がずれている気がしないのと、リスクを最小限にするための選択です。
調整結果ですが、3.5MHz、7MHzが105W~100W、14MHz、21MHzが約90Wと10W程度底上げされました。
まだ、今一な感じですが、この辺で妥協することにしました。
FT-901前期型は、送信MIX用の3SK40(パラ)で12BY7Aを直接ドライブするという無理?を行っていますので、しょうがないような気がします。
後期型やその後のFT-101ZDでは、送信MIXがDBMとなり、その後にAMPが2段も入り、12BY7Aをドライブするように改良されていますので、メーカーでも分かっていたことなのでしょう。
Ft901dm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

3SK40その3

今日買ってきた3SK40ですが、どうやらランクLだったようです。
写真にありますとおり、買ってきたものは3SK40(I) L96と表記されておりますが、901のRFユニットオリジナル品は3SK40 L86となってます。
当初(I)の表記がランクを示すと思ってましたが、どう調べても、IランクなどNECの表記にありません。
(I)の意味は不明ですが、L96とありますので、同じLランク考え、交換しちゃいました。
その結果、問題なく出力はでましたが、パワーは80~90Wのまま。
う~んやはり、ミュー同調周辺の調整を行わないといかんようです。
この前期型FT-901ですが、前期の中の後期型(ややこしいですが・・)なので、果たして上手く調整できるか心配です。
3sk40l

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3SK40その2

本日は都内に外出で帰りに時間があったため、秋葉で3SK40を調達してきました。
若松にあることが分かっていたため、お店に直行し2個GETしたのですが、ランクがIというタイプなんですよねえ~
FT-901の3SK40はランクがMかLなので、どちらかが欲しかったのですが・・・
贅沢いってられないため購入してきましたが、このランクIってIdssがどの分類なのかさっぱり分かりません。
MやLに対して多いのか少ないのかも分かりません。
さて困りました・・
相変わらず人が多い秋葉でした↓
Akiba

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

WPXその2

昨日コンディションが良かった28MHzで、午前中から参戦してみました。
ひょとしてWが聞えるかと思いましたが、やはり無理なようで、朝方は、LU1の1局で終了。
その後も、コンディションは上がらず、午後になってもあまり聞えてきませんでしたね。
その分、夜の7MHzが昨日以上に良好でして、久しぶりにZONE8(ZF2)ともQSO出来ました。
まだコンテストは終わってませんが、サラリーマンの私は、そろそろ終了です。
今回は初日の28MHzが良いコンディションでしたし、7MHzも良かったし、とても楽しめたコンテストでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

WPX

幸いにも午後から時間がとれましたので、WPXにチョイ参戦してみました。
昼間は28MHzで、夜は7MHzでの参加です。
28MHzは、サンスポットミニマム時期であるため、閑古鳥が鳴いているかと思いきや、結構聞えているではありませんか。
さすがに当方のアンテナでは、夕方のEUは聞えませんが、UA3あたりはQSOできました。
明日の昼間、もし時間があればまた28MHzで参加したいですね。
↓修理上がりのTS-950SDでWPXです。happy01
Ts950sd9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3SK40

WPXコンテストにチョイ参加しながら、FT-901前期型のメンテをしておりました。
この901ですが、以前から出力が80~90Wとやや物足らない状況でして・・・
今回、シャックの模様変えで、FT-901後期型を前期型に変えるため引っ張り出してきたものです。
出力不足の場合、6146や12BY7Aのエミゲンあたりを疑う訳ですが、随分前に交換して問題ないことを確認済みであり、それ以外原因を探していました。
ミュー同調回りの調整ズレか、送信ミクサー回路が怪しいですが、どうもミュー同調回りでは無いような予感がするため、ミクサー回路に的を絞り調査してみました。
このミクサー回路ですが、表題にある3SK40のLランクを2パラで使用した回路で、8.988MHzのキャリアとVCOをミックスし送信波を作成しています。
ミクサーに入るキャリアをスペアナで測定すると、最大(CARRツマミ)で約-7dBmですが、-10dBmあたりですでに出力が飽和ぎみとなってしまいます。
SGで8.988MHzを発振させ、このミクサーに入力してみると、やはり-10dBmあたりまではリニアに出力が増加しますが、それ以上は飽和し、頭打ち(約85W)となってしまいます。
ミクサーに使われている3SK40が性能低下し、飽和しているような感じです。
この古いFET、手に入りますでしょうかね?(写真、中央の右二つが3SK40)
3sk40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

Eスポ

今日はEスポが出ましたね。
個人的には今シーズン初めてのEスポで、6、4エリアの方と50MHzでQSOできました。
また29MHzのFMですが、JD1(南鳥島)の移動局ともQSOでき、久しぶりにハイバンドで波を出した一日でした。(自作しながらQRVしてましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

方向性結合器+ダミー

いただき物の無誘導50Ω抵抗を使って、方向性結合器+ダミーを作成してみました。
スペアナで送信機のスプリアス等を測定する場合、スペアナの耐入力の関係で方向性結合器を接続し、その先にダミーロードを接続し波形を観測します。
これは、送信機の電力をダミーで消費し、スペアナには、最小限の信号を分配するための仕組みですが、まともな物は結構高価だったりします。
今回、無誘導50Ω抵抗が手に入りましたので、方結とダミーを合体させた物を作成してみました。
ピックアップコイルは、適当な大きさなのフェライトコアに8回ほど巻いたものですが、なかなか良いあんばいでした。
これで今後、測定が楽になりますです。Hi
Dumy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

TS-950があああ~その10

本日、修理したTS-950SDを集中的に実践運用して見ましたが、特に問題ありませんでした。
SSBの変調レポートも良好なので、BIAS調整も上手くいったと言うことなのでしょう。
とにかくホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

TS-950があああ~その9

なぜこんな時期に台風がくるのでしょうかね~
昨日の夜は、風の音がうるさくて、よく眠れませんでした。
そんな迷惑台風2号でしたが去ったため、アンテナを上げ、修理が完了したTS-950を実践使用することにしました。
3.5MHzでAH2LがCQを出しておりましたので、早速CALL。特に問題なくQSOできました。
またスペアナにて、送信波のスペクトルやスプリアスを見てみましたが、こちらも特に問題ないようです。
今週末使い込んで問題が出なければ、完璧に直ったと言うことで良いでしょう。
ちなみにTS-950SDのバイアス調整ですが、ドライバー段、ファイナル段両方とも物凄くクリチカルなんです。
テストポイントにて、電圧計で調整するのですが、VRをほんの少し触っただけで、大きくずれてしまい、合わせ込むのに大変でした。
とりあえず合わせましたが、恐らくもうずれてると思います。あわせ込むことに意義があるのか不明ですね。despair
下記写真のオレンジVRがドライバー段のBIASで、青VR(焼けちゃったのでこのVRに交換)がファイナル段のBIAS調整です。
ちなみに青VR横のTRは壊れたバイアス用TRの代打で、同等以上品と思われる物をあてがいました。
Bias

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

TS-950があああ~その8

愛しの950が復活しました。happy01
本日、壊れたバイアス抵抗の交換と、MRF429の移植を行い、無事出力が復活出来ました。
27Ωのバイアス抵抗ですが、手持ちの関係から56Ω1/4Wの2パラと、ややカッコ悪いですがこれで良しとしました。
またMRF429ですが、半田付けがやや汚いですが、これもなんとか移植できましたねえ。
後はサービスマニュアルに従い、ファイナル段及びドライブ段のバイアスを規定値にセットし、CWモードで送信すると、見事出力がよみがえりました。
今回の修理は、期間的にはそれ程長くはありませんでしたが、なんだかとても疲れました。でも直ってとても嬉しいです。
これもJA2XCR丸尾OMのおかげであり、本当にありがとうございました。
また、情報提供や助言をいただきました、JF3DRI西村さん、JI3KDH杉山さん、ありがとうございました。
まだ短時間しか動作させていませんので、100%完璧とは言えませんが、今週末、実践使用&測定を行い、修理完了としたいと思います。(今日は台風接近で風雨が強くなったため、HFのANTは撤収しました。と言ってもモービルアンテナですが・・・)
Mrf429b

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

TS-950があああ~その7

TS-950SDのファイナル回路ですが、以前より下記記事が気になっておりまして・・
http://www.ham.dmz.ro/kenwood/ts-950s-final-bias-circuit-change.php

修理中のバイアス抵抗R17/R18を調べてみると、案の定、NGでした。
27Ωのカーボン抵抗なんですが、1個は30Ω、もう片方は35Ωと、値がずっこけてます。
基板に付いていた状態では異常に気が付きませんでしたが、外してよく見ると、抵抗の中央部分が膨れてます。
今回の故障をトレースすると、このR17/R18には15Vがかかっていたため、約1.1Aもの電流が流れていたことになります。
そのため規格を超えた電力消費となり、壊れたものと思われます。
ただ、このカーボン抵抗、見た目ほとんど変化がないため、最後まで気が付きませんでしたね。
だから、先の記事には、R17/R18がカーボン抵抗だと見た目分からんので、セラミック抵抗(金属皮膜抵抗のこと?)に変えろとなっています。(なにぶん英文なので多分・・)
まあ、そんなわけで、27Ωの1/2W抵抗を入手する必要があぁぁ~
↓取外したMRF429ですが、まったく導通がなく、完璧にご臨終です。429左上は変形したR17/R18カーボン抵抗。Mrf429a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

TS-950があああ~その6

ついにMRF429が入手できることになりました。
嬉しくて、本日、壊れたMRF429の取り外し作業を行いました。
壊れている部品を取外すわけですから、部品はどうなっても良く、プリント基板へのダメージを最小になるよう作業しました。
おかげ様で、写真のように、綺麗にとれました。
実はこのようなファイナルTRの取り外し作業は始めてであり、上手くいくか心配だったんです。
交換用TRが届きましたら、早急に取り付けてみたいのですが、難関が1つあります。
入手するMRF429ですが、基板に実装されたものなので、今回とはまるで逆、基板はどうなっても良いのですが、外すTRはダメージを最小にする必要があるんです。
果たして上手く取り外して、950に移植できるか心配です。
Ts950sd8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

連休最終日

今日は連休最終日。
うまく時間がとれましたので、FT-7のPTTを外部に出力するための改造を行いました。
FT-7は、取説に記載がありませんが、電源コネクタ内の端子に、送信時に+12Vが出力されるようになっているんです。
この信号を利用し、リニアのスタンバイを制御できるように、送信時にGNDに落ちるように回路を追加したわけです。
これで手持ちの100Wアンプと接続できるようになるため、利用範囲が広がるかなあと思いまして・・・
上手いこと完成し、7MHzで移動局数局QSOさせていただきました。
↓小さな基板の切れ端に、スイッチ用TRと抵抗、ダイオードを実装し、電源コネクタ内に押込みました。happy01
Ft7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

ごーるでんういーく

この期間、大混雑、大渋滞がわかっていても、出かけないわけにはいきません。
本日、家族サービスで横浜に行ってきました。
想定どおりの大渋滞で、到着したのはお昼の12時。despair
山下公園周辺は、駐車場を探す車で、これまた大渋滞。
ですが、みなとみらい地区の駐車場がかろうじて空いていたため、なんとか駐車できました。happy01
レンガ倉庫から大桟橋へ、その後に中華街に行きましたが、人が多いこと。
特に中華街は、いや~物凄い人で、身動き出来ませんでした。
とにかく疲れました・・
Yokohama1Yokohama2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

代打登場その2

代打の930君ですが、3.5MHzで活躍してます。
最近、夜間の国内コンディションが良く、3.5MHzにTS-930SでQRVしてます。
今日は夕方でしたが、移動局を数局QSOさせていただきました。
この930ですが、以前FANの騒音を修理したのですが、完全に直ったようです。
電源部の温度が上昇し、FANが回りだしても、静かに回ってますので。happy01
Ts930s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

TS-950があああ~その5

まあ、これといって進展はありません。
ファイナルが手に入らないためしばらく駄目そうです。
そのファイナルですが、MRF429は入手困難ぽいので、代替品を探しているんですよ。
候補はMRF150、2SC2652、MRF448、TH430等。
MRF150はオークションに頻繁に登場してますし、950SDXのファイナルでもあるので、良いかなと思ったのですが、FETであるため、単純には置換え不可で、バイアス回路の変更等が必要なようです。
また、TH430は大きさ形状が異なり、実装が困難ですね。
そんなわけで、2SC2652、MRF448なら形状も問題ないし、スペック的に同等以上の二つに的を絞り、GETとしたいと画策しております。
本当に置換え可能かどうかは、やって見ないとわかりませんが・・・sad
Mrf429

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »