« Eスポ | トップページ | WPX »

2008年5月24日 (土)

3SK40

WPXコンテストにチョイ参加しながら、FT-901前期型のメンテをしておりました。
この901ですが、以前から出力が80~90Wとやや物足らない状況でして・・・
今回、シャックの模様変えで、FT-901後期型を前期型に変えるため引っ張り出してきたものです。
出力不足の場合、6146や12BY7Aのエミゲンあたりを疑う訳ですが、随分前に交換して問題ないことを確認済みであり、それ以外原因を探していました。
ミュー同調回りの調整ズレか、送信ミクサー回路が怪しいですが、どうもミュー同調回りでは無いような予感がするため、ミクサー回路に的を絞り調査してみました。
このミクサー回路ですが、表題にある3SK40のLランクを2パラで使用した回路で、8.988MHzのキャリアとVCOをミックスし送信波を作成しています。
ミクサーに入るキャリアをスペアナで測定すると、最大(CARRツマミ)で約-7dBmですが、-10dBmあたりですでに出力が飽和ぎみとなってしまいます。
SGで8.988MHzを発振させ、このミクサーに入力してみると、やはり-10dBmあたりまではリニアに出力が増加しますが、それ以上は飽和し、頭打ち(約85W)となってしまいます。
ミクサーに使われている3SK40が性能低下し、飽和しているような感じです。
この古いFET、手に入りますでしょうかね?(写真、中央の右二つが3SK40)
3sk40

|

« Eスポ | トップページ | WPX »

レストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/41306226

この記事へのトラックバック一覧です: 3SK40:

« Eスポ | トップページ | WPX »