« 10MHzその2 | トップページ | 寒い季節が終わり »

2008年4月17日 (木)

10MHzその3

10MHz用に改造したアンテナですが、コメットのCA-7MRという昔の7MHz用のモービルホイップアンテナでして、2本所有している内の1本です。
もう一本は、勿論7MHzで使用していますが、予備用に取っておいた1本を改造したしだいです。
写真のとおり、かなり堅牢な作りで、コイル部のエナメル線も太いため、改造は比較的容易でしたね。
調整はどのようにしたかというと、受信ノイズが10MHz付近で最大になるようにタップ位置を変え、最後はSWRを測定しながら追い込む方法です。
アンテナアナライザがあれば、らくちん調整なのでしょうが、あいにく持ち合わせておりませんので・・・
本日も、HS0ZBS、V8FRO、T88KJとQSOできました。
Ca7mr2

|

« 10MHzその2 | トップページ | 寒い季節が終わり »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。JO1KVSです。
 私もモービルホイップ改造して10に出れるようにしてみました。
 CA-UHVというマルチバンドのもので、14のコイルの先に長いエレメントを付けてみました。
 このアンテナ、7だけは長いエレメントが付いているので、14のコイルと、7のエレメントを注文してみたんです。
 モービルホイップの改造はマッチング部をいじらなくても済むのでFBですね。

 それにしてもしっかりとしたコイルですね。7でも結構飛ぶのではないでしょうか。

投稿: JO1KVS | 2008年4月20日 (日) 09時09分

JO1KVS局
JK1NMJ@斉藤です。ご無沙汰してます。
以前、掲示板にHFC-80Lの件で書込みいただきまして、ありがとうございます。
ブログをオープンしたので、掲示板は閉鎖してしまいました。
モービルホイップ改造の件ですが、14のコイルと7のエレメントで10MHzとは、良い発想ですね。エレメントの出し入れだけで、調整できてしまったと言うことでしょうか?だとしたら素晴らしいです。
こちらは、ハンダコテでしこしことやりました。
まあ結果オーライで、とりあえず、10MHzにORVできるようになりました。
とびの方はまあまあで、とりあえずDXともQSOできています。コイルの大きさがどれだけ関係するかは不明ですが・・・
ところで以前、JO1KVSさんのブログにコメント書き込もうとしたのですが、なぜか上手くいきませんでした。IEのバージョンが7では駄目なのでしょうかね。
今度、別なブラウザでチャレンジしてみます。

 

投稿: jk1nmj@斉藤 | 2008年4月20日 (日) 10時42分

掲示板の方でお世話になっておりましたか~。
あのHFC80Lはもう一本買いまして、車用と自宅用で使い分けています。
メーカー製のアンテナの中では一番いい感じです。
3.5MHzではコイルが巨大なものとか、Hi-Qアンテナなどのアクティブアンテナが良さそうで、次のハムフェアで買ってしまいそうです。(^^ゞ

14のコイルに付いているエレメントは10センチも無くて、とてもシビアなのですが、50cmくらいのエレメントを切り詰めながら調整していくだけで10に出れました。7のコイルに短いエレメントをつけても合うのですが、結果長くなるほうを取りました。帯域も広くなり、飛びも少々期待できます。
10は飛びも期待できるし雰囲気もいいですね。

投稿: JO1KVS | 2008年4月30日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506287/40908241

この記事へのトラックバック一覧です: 10MHzその3:

« 10MHzその2 | トップページ | 寒い季節が終わり »