トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

RF-2200

一昨日は、スカイセンサー5800でBCLしましたが、今日は、松下のクーガー2200です。
これも後から中古で買ったもので、当時から持っていたものではありません。
当時は、BCL-1という受信機でBCLしてましたが、手元にはもう無いですね。
このRF-2200ですが、ラジオとういうより通信型受信機に近く、受信性能はあなどれません。
30年以上経っているのに、今でも良く受信できますよ。
手持ちの2200は、メーター下のSWレバーが私のレプリカなんですが、分かりますか?
どなた様かレバー3個、譲ってくれませんでしょうか?
Rf2200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

ICF-5800

小学生のころ友達がICF-5500を持っていて、羨ましかったですね。
このICF-5800は中古で入手したものですが、動作は比較的良好です。
今日は久しぶりにBCLしてみました。
ゼネカバのHF機の方が圧倒的性能ですが、やはりBCLは、BCLラジオが良いですよね。
風情があるというか、なんとなく和やかな気分になります。
写真は、HCJBオーストラリアを受信中で、バンドは19mです。
アンテナが3.5MHzのホイップなのでかなり無理がありますが、結構よく入感してますよ。
Icf5800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

FT-221

今日は、こんなリグで遊んでました。
2mの固定機、ヤエスのFT-221(前期型)です。
関東地方は、お天気が良く、移動日和だったため、どのバンドも移動運用されている方が多かったですね。
このリグから数局お世話になりました。

Ft221

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

FTV-650その3

本日、時間がとれたので、オリジナルに戻す作業をしてみました。
戻し方さえ分かれば、作業自体は簡単です。手持ちに無い0.047μF以外は、全て完了し、入念に最終確認を行いました。
Ftv650b













FT-401Dを用意し、自作のケーブルで接続し、スイッチON。
取り合えずFTV-650のパイロットランプやヒーターが点灯し、一安心。しかし、なんか焦げ臭い臭いがするような・・・
まあ真空管機器は、何かしらの臭いは出ますし、特に煙は上がってないので、続行。
送信状態にするとバイアス電流が大量に流れたため、あわてて背面のVRで落としました。ただ、絞りっても50mAも流れてます・・
なんとなく送受信切替リレーに目をやると、内部が焦げてるような・・

あわてて電源をOFFしました。
結論から言いますと、本体と650を接続するケーブルは、1~10番まではストレート接続で、11番はNC(未接続)が正解のようです。
11番はFT-401内部で6.3Vに接続されており、これがリレーの接点を返してGNDに落ち、リレー内部の配線が焼けてしまったようです。とほほ
ケーブル及びリレーを修理し、再度電源ON。
相変わらずバイアス電流が多く流れるので、終段をS2001から手持ちの6146Bへ交換。
バイアスが規定?の25mAになりました。(背面のVRを絞りきった状態ですが・・・)
CWで送信し、チューニングをとると、規定の50Wが出力されました。
SSBもOKなので、送信は問題ないようです。
受信ですが、SGを接続し、-100dBmを入力すると、Sメーターが元気良く振れ、信号が確認できました。
受信も取り合えずOKのようです。
Ftv650c_2














バイヤスが流れすぎるのが気になりますが、なぜでしょうか?
61461本なので、25mAあたりが規定値と思いますが、調整用VRを絞りきらないといけません。もっともパネルの電流計の精度も?なので、あまり気にしなくていいのかもしれませんが・・・
ALC回路用の0.047μFコンデンサを入手したら、もう少し詳しく見てみましょう。
概ね動作OKでしたので、ほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

FTV-650その2

FTV-650ですが、オリジナルに戻す方法が分かりました。
ただ一つ問題がありまして、ALC回路に必要な0.047μF、500Vが手持ちにありません。
オリジナルに戻すには必須な部品ですが、無いんですよね。
まあ、いま付いてる0.0022μFでも、電波が出ないとは思えませんので、取り合えず実験して見ます。
0.047μF、500Vは、秋葉へでも行った時に、調達してくることにしましょう。
情報を連絡してくれましたJF1PYM橋本OMには、この場をかりてお礼申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。

オリジナルに戻す前のFTV-650内部です↓FT-101との接続用に改造されているのです。
Ftv650a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

FTV-650

最近、FTV-650という昔のトランスバータを修理してます。
べつに壊れているわけではない(と思う)のですが、FT-101と組合わせるための改造がされており、オリジナルに戻すための修理なんです。
写真の真空管は、FTV-650に使用されているものですが、S2001とは、なつかしい玉ですよね。
回路図が無く、苦戦中です・・・
S2001a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

ぶろぐ始めました。

趣味のぶろぐ始めました。気ままに書込みますので、よろしくお願いします。Dscn3719

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年2月 »